2021.9.1

自動運転専用車 開発開始

株式会社タジマモーターコーポレーションは、自動運転専用車の開発を開始しました。
拠点:いわき次世代モビリティR&Dセンター(福島県いわき市田人町旅人字和再松木平4番地)
目的:日本の環境に適し、自動運転車両の研究開発や実証実験に用いる試作車。外部販売も考慮。

特徴
・日本の道路環境に適した小型車サイズ、20km/h未満の低速車両
・カーボンニュートラルに配慮した、セルロース等を用いた軽量高断熱な複合材モノコックキャビン
・車両制御とのインターフェイスを公開し、様々な自動運転システムに対応
・インホイールモーターを用いて超効率的なパッケージ
・ショートオーバーハングと4WSを用いて旋回時のはみ出しによる接触リスク低減
・駆動システムをユニット化し、前後からキャビンに取り付けることで、駆動系の交換や整備を容易化
・駆動、ブレーキ、ステア、の操作機構について冗長化


プロジェクトに参加を希望するサプライヤ様、研究者様を募集します。
・自動運転システム
・電動アクチュエータ、電動ドア
・LiDAR、GNSS、IMU、その他障害物検知センサ
・インホイールモーター
・RTM成形設備

[採用情報]

タジマEVではEV開発エンジニアを募集しております。