V12 Speedster Limited Edition

伝説的なDBR1に敬意を表した特別仕様を発表

アストンマーティンは、28日、英国のラグジュアリー・スポーツカー・ブランドの栄光の歴史とエキサイティングな未来を祝うオープンコックピット・スポーツカー、V12 Speedsterの詳細を発表しました。

アストンマーティンV12 Speedsterは、世界中でわずか88人のオーナーだけが手にすることのできるリミテッド・エディションです。発表されたのは、このクルマが希少なコレクターズ・アイテムであることを強調する、カスタム仕様の詳細です。

このニューモデルは、伝説的なDBR1だけでなく、アストンマーティン創業100周年を記念して2013年に発表された息を呑むようなコンセプトカー、CC100に代表される、アストンマーティン・スポーツカーのヘリテージ、優雅なスタイル、卓越したデザインを見事に調和しています。

DBR1は、アストンマーティン史上もっとも大きな成功を収めたレーシングカーで、1959年のル・マン24時間レースとニュルブルクリンク1,000kmレースの両方で勝利を収め、1957年と1958年にもニュルブルクリンクで優勝しています。

1956年のデビュー後、DBR1は、ベルギーで開催されたスパ・スポーツカー・レース(1957年、ドライバー:トニー・ブルックス)を含む一連の有名な勝利を記録しました。さらに、グッドウッド・ツーリスト・トロフィー(1958年、スターリング・モス、トニー・ブルックス:1959年、スターリング・モス、キャロル・シェルビー、ジャック・フェアマン)でも優勝し、ル・マン24時間レースで優勝した1959年には、世界スポーツカー選手権でタイトルを獲得して、その栄光は頂点に達しました。


DBR1は、レース専用マシンとして設計されたクルマですが、アストンマーティンのもっとも有名な量産モデルシリーズ、「DB」の前身でもあります。才能溢れるデザイナーのフランク・フィーリーによって社内でデザインされ、チーフ・レーシング・デザイナーのテッド・カッティングの協力で製作されたDBR1は、モータースポーツにおけるアストンマーティンの「栄光の時代」を象徴するクルマであると同時に、史上もっとも美しく、優雅のクルマの1台でもあります。

1958年以降のクルマの心臓部には、2,992cc直列6気筒エンジンが搭載され、デイヴィッド・ブラウン5速ギアボックスが組み合わされていました。これらのパワートレインが、重量わずか800kgの車体にパワーを供給し、推定最高速度は150mph(約241km/h)に達していました。 

量産モデルの派生ではなく、純粋なレーシングカーとして製作されたDBR1は、わずか5台です。その内の4台は、アストンマーティン・ワークスチームからレースに参戦し、残りの1台はプライベートで使用されました。 

今回詳細が発表されたV12 Speedsterには、この栄光の歴史が色濃く反映され、DBR1に敬意を表した専用オプションが装備されています。 


ル・マン24時間レースで優勝したレースカーを彷彿とさせる、数多くのカスタム・コンポーネントを装着したアストンマーティンV12 Speedster DBR1仕様は、アストンマーティンを象徴するにふさわしいクルマに仕上がっています。
アストンマーティン・レーシング・グリーンを纏ったボディには、クラブスポーツ・ホワイトによるピンストライプとロンデルが配され、クラブスポーツ・リップスティック・グラフィックを備えたサテン・シルバーのアルマイト・グリルを装着。コックピットには、コンカー・サドルレザー、ビリジアン・グリーンのテクニカル・テキスタイル/ケイスネス・レザーを採用しています。これらのすべての装備は、今日に至るまでアイコン・モデルとして君臨するDBR1が、もっとも輝いていた時代を象徴しています。

透明なリア“ウィンドウ”の中には、アストンマーティン・レーシング・グリーンに塗装された、ドライバー&パッセンジャー用のユニークなヘルメットが置かれている一方で、ソリッド・シルバーの“ウィング”エンブレムは、透明なエナメル・カバーの中で輝きを放っています。厳選されたグロス・カーボンファイバー、ケースネス・グリーンのレザー、サテン・シルバーの艶消しアルミニウム・スイッチギアを採用したV12 Speedsterのオープンキャビンは、アストンマーティンが築き上げてきた偉大なモータースポーツの歴史へのオマージュで溢れています。 


この特別仕様のもう一つのハイライトは、サテンブラック・ダイヤモンド旋削仕上げによる21インチ・センターロック・ホイールです。アストンマーティンV12 Speedsterは、ペイント・プロセスだけでも、最先端の塗装施設で50時間以上の作業が費やされています。 

アストンマーティン・チーフ・クリエイティブ・オフィサーのマレク・ライヒマンは、記念すべき特別仕様が施されたV12 Speedsterを製作した理由について、次のように述べています。「このクルマの主要なテーマは、エモーショナル、そしてエクスクルーシブです。極めて希少で特別なこのアストンマーティンは、そのエレガントで芸術的なフォルムとは裏腹に、極めて刺激的なドライブ体験をもたらします。」
「DBR1の栄光を反映したビスポーク仕様を製作することは、アストンマーティンにしかできない大きな特権であり、私たちがこのクルマのデザインに注ぎ込んだものと同じ情熱を持って、このクルマが運転されることを今から楽しみにしています。」

このニューモデルの心臓部には、アストンマーティンを象徴する5.2リッターV12ツインターボ・エンジンの高性能バージョンが搭載されています。その最高出力は、約700PS、最大トルクは約753Nmです。極めて印象的なパフォーマンス、優れたレスポンス、スリリングなV12サウンドを提供するこのエンジンは、車両後部に搭載されたZF 8速オートマチック・トランスミッションと組み合わされています。 

0~100km/h加速は3.4秒、最高速度は198mph(約318km/h)に達します。これは、フロントウィンドウやルーフを持たないクルマとしては驚異的な数値です。 

DBR1カスタム仕様のV12 Speedstersは、現在注文を受け付けており、アストンマーティン本社のゲイドンでハンドビルドされます。納車は、2021年半ばから開始される予定です。

ASTON MARTIN SENDAI
022-342-1913
astonmartin.sendai@tajima-motor.com

Accessアクセス

アストンマーティン仙台

〒981-3117
宮城県仙台市泉区市名坂御釜田148-1

TEL:022-342-1913

FAX:022-725-3021

営業時間:10:00~19:00

定休日:火曜日、水曜日

  • シェアする
  • ツイッターでつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • LINEへ送る