Aston Martin VANTAGE GTE

11月14日、FIA世界耐久選手権(WEC)最終戦のバーレーン8時間レース決勝で、ニッキー・ティームとマルコ・ソーレンセンが5位に入賞。この結果、ティームとソーレンセンがドライバーズ選手権王座も獲得しました。

2019-2020年シーズンのFIA世界耐久選手権(WEC)最終戦、「バーレーン8時間レース決勝」が11月14日に開催されました。

すでにマニュファクチャラーズ選手権を決めているアストンマーティンは、ニッキー・ティーム(デンマーク)とマルコ・ソーレンセン(デンマーク)が5位に入賞しました。
この結果、ティームとソーレンセンがドライバーズ選手権チャンピオンに輝きました。

 ニッキー・ティームは、「ヴァンテージGTEはシーズンを通して完璧な戦闘力を示してくれました。そして今、タイトルを獲得できたことを、本当に誇りに思っています。アストンマーティンとともに2度目の世界チャンピオンを獲得することができたことは一生の思い出となります。チーム、アストンマーティン、WEC、そしてすべてのファンの皆様に感謝します。これ以上、言葉では語りつくせません。」と喜びを語りました。

 マルコ・ソーレンセンは、「ヴァンテージGTEは、年間を通して高い戦闘力を維持し、常にトップグループで戦うことができました。ドライバーはレースを全力で走ることしかできません。素晴らしいマシンを手に入れることは、すべてのドライバーの夢だといえるでしょう。素晴らしいマシンがあれば、レースで勝利してチャンピオンを獲得できることを私たちは証明したのです。」とコメントしました。

2020年、アストンマーティン・レーシングはダブルタイトルを獲得し、1959年以来、最も成功したシーズンを締めくくりました。

Accessアクセス

アストンマーティン仙台 開設予定地

〒981-3117
宮城県仙台市泉区市名坂御釜田148-1

TEL:022-342-1913

FAX:

営業時間:10:00~19:00

定休日:火曜日、水曜日 ※WEB店先行のため、上記ショールームでの営業は始まっておりません。

  • シェアする
  • ツイッターでつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • LINEへ送る