第88回ル・マン24時間レース優勝!

2020年9月20日、アストンマーティンが、第88回ル・マン24時間レースで優勝しました。

2020年9月20日、ル・マン: アストンマーティンが、第88回ル・マン24時間レースで優勝しました。

アストンマーティンは、フランスのサルト・サーキットで開催されるこの世界的に有名な耐久レースで、2017年にも勝利を収めています。今回は、両方のGTクラスで優勝するという最高の結果を残し、3人のドライバーが表彰台の頂点に登壇しました。

ワークスドライバーのアレックス・リン(英国)、マキシム・マルタン(ベルギー)、過去にル・マンでクラス優勝の経験があるハリー・ティンクネル(英国)の3人が97号車のVantage GTE を駆り、24時間にわたってワークスチームのフェラーリと息を呑むようなスリリングなバトルを展開しながら、完璧なパフォーマンスを見せて勝利を収めました。 日曜日の午前3時10分に最速ラップを記録したアレックス・リンは、「本当に感動的な勝利でした。最終ラップでは涙が溢れてきました。3年間にわたってこの素晴らしいレーシングカーのステアリングを握り、ハードワークを続けて、多くの汗を流してきました。まさに、信じられないような気分です。」とコメントしました。

TF Sport からVantage GTE で参戦したジョニー・アダム(英国)/チャーリー・イーストウッド(英国)/サリフ・ヨロック(トルコ)組は、GTE Amクラスで優勝し、ドライバーズ・ランキング1位の状態で、バーレーン・インターナショナル・サーキットで開催される最終戦に臨みます。TF Sport は、Vantage GTE でル・マンを制した最初のプライベート・チームです。

今回の勝利により、アストンマーティンはFIA 世界耐久選手権(WEC)のマニュファクチャラーズ・タイトルを初めて獲得しました。2位のポルシェとの差は76ポイント、3位のフェラーリとの差は97ポイントです。

アストンマーティン最高経営責任者(CEO)のトビアス・ムアースは、「本日、この偉大な勝利を成し遂げた、すべての人々を大変誇りに思います。両方のGTE クラスで優勝し、WEC マニュファクチャラーズ・タイトルを獲得できたことは、チームの献身的な作業、Vantage GTE の高い戦闘力に加え、このレースカーのベースとなった市販モデルのVantage の優れた品質を証明するものです。」とコメントしました。

Accessアクセス

アストンマーティン仙台

〒981-3117
宮城県仙台市泉区市名坂御釜田148-1

TEL:022-342-1913

FAX:

営業時間:10:00~19:00

定休日:水曜日および第1、第3火曜日

  • シェアする
  • ツイッターでつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • LINEへ送る