英国の真髄 – Aston Martin DB11 ‘W1’

 

アストンマーティンは、同社のパーソナライゼーション・サービス部門である「Q by Aston Martin」が日本専用に手掛けたスペシャル・コミッション仕様のDB11を発表します。ロンドンのもっとも有名な特別区からヒントを得たアストンマーティンDB11 ‘W1’は、わずか10台のみが製作されるエクスクルーシブなモデルです。

このモデルは、ロンドン屈指の高級住宅街で、現在は商業地区としても発展を続けるメイフェアのラグジュアリー・ライフスタイルにインスピレーションを受けています。モデルネームの’W1’は、ロンドン中心部メイフェアの郵便番号に由来します。
高級ホテルやレストランの他、ジョージア様式のタウンハウスが洗練されたエレガンスを見せるメイフェアには、世界にその名を馳せるボンド・ストリートや英国伝統の仕立て文化を今に伝えるサヴィル・ロウなど、誰もが知るラグジュアリーな文化が存在します。

これまでのアストンマーティン・ラインナップと同様、DB11 ‘W1’ は、先進素材と伝統のクラフトマンシップを融合させて、究極のオートモーティブ・ラグジャリーを追求しています。

DB11 ‘W1’は、洗練された美しさに包まれています。エクステリアカラーは、メイフェアの典型的な建物の色を彷彿とさせるアリゾナ・ブロンズと、これと好対照をなすルナー・ホワイト、プラチナホワイト(有償OP)が用意されます。グロスブラック・ルーフとアッパーパックがこのモデル特有のアイデンティティの確立に貢献します。


両バージョンともに、DB11のエレガンスを強調する上品なブロンズ・ピンストライプが施されます。このストライプ・アクセントは、スプリッター、ディフューザー、サイドシル、サイド・ストレーキなどのディテールや、ブラック・グリルのリーディング・ベーンエッジにも見て取れます。

さらにサテンブラック/ブロンズの20インチホイールが組み合わされ、全体としてひとつの調和が完成し、文字どおり印象的な外観を形成します。


10台限定のDB11 ‘W1’のエクステリアは、細部の仕上げに至るまで美しさを貫き、アストンマーティンのアイコンであるウィング・エンブレムには、正統派の英国流とは何かを誇らしげに示すエナメル仕上げのユニオンジャックがあしらわれます。


ドライバーとパッセンジャーは、インテリアに足を踏み入れた瞬間から、アイスモカのコントラスト・ステッチが施されたバイソン・ブラウン・レザーシートや美しいブローグが印象的なセンター・アームレスト、ドア、ヘッドライニングの歓迎を受けます。グレイシャル・ホワイトとバイソン・ブラウンのデュオトーン・レザーシートがオプション設定されます。このオプション・シートには、アイボリーのステッチに加えて、アストンマーティン・ウィングの刺繍も施されます。


パーソナリゼーションおよびスペシャル・セールス部門を率いるサイモン・イングルフィールドは、次のように語っています。「ロンドン・メイフェア地区のような場所には、すぐにそれと分かるものから隠れた宝石のようなものまで、何千ものインスピレーションに溢れています。これがDB11 ‘W1’にどのように反映されているのか、どうぞご自身の目でお確かめください」

▶ デジタルカタログ

▶ DB11モデルページ

▶ お問い合わせ

ASTON MARTIN SENDAI

Accessアクセス

アストンマーティン仙台

〒981-3117
宮城県仙台市泉区市名坂御釜田148-1

TEL:022-342-1913

FAX:022-725-3021

営業時間:10:00~19:00

定休日:毎週水曜、第1・第3火曜日

  • シェアする
  • ツイッターでつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • LINEへ送る