Lamborghini V10シリーズの最新オープンモデル

2019年にデビューした「Huracán EVO Spyder」。2014年にデビューした「Huracán」をベースに大幅な改良が施された、最新のV10 Lamborghini オープンモデルです。

基本スタイリングは従来のHuracán同様、歴代Lamborghini車に共通するウェッジシェイプを基調としたもの。特徴的なルーフのラインは、日本の折り紙から着想を受けたものであるといわれています。

「Huracán EVO」では、前後バンパーが大きく形状変更されています。アンダーボディの形状変更と合わせて、従来モデル比でダウンフォースは7倍、空力効率も6倍もの性能向上を果たしました。性能面はもちろん、より、シャープかつ獰猛な印象を与えるフェイスデザインとなっています。

エンジンはニュルブルクリンク最速ラップを記録した「Huracán Performante」のために開発された、640psを発生する5.2L V10 NAエンジンをミッドシップで搭載。ベース車同様、駆動方式は4WD。変速機は、ランボルギーニ・ドッピア・フリッツィオーネ(LDF)と呼ばれる7速DCTを採用しています。4WS(4輪操舵)、トルクベクタリングほか車両の運動性能を統合制御するシステム「ランボルギーニ・ディナミカ・ヴェイコロ・インテグラータ(LDVI)」も搭載され、圧倒的なパフォーマンスをより楽しめる1台となりました。

インテリアもエクステリア同様のアグレッシブなデザイン。近代スーパーカーには必須ともいえる走行モード統合制御機構として「ANIMA(アダプティブ・インテリジェント・マネージメント)」も搭載されています。LDVIの操作にも使用される8.4インチの大型LCDディスプレイも新たに装着され、インテリアの印象も大きく変わっています。

オープンモデルの「Spyder」では、軽量かつわずか17秒で開閉可能な電動油圧式ソフトトップ(幌)を採用しています。メタルトップを採用するオープンカーが増える中、布製のソフトトップは、優雅なデザインもさることながら、トップをクローズにしていてもオープンカーである事を主張するアイテムです。

Galleryギャラリー

Specスペック

排気量 5.204 cm³ (317.57 cu in)
最大出力 640 CV (470 kW) @ 8.000 rpm
最高速度 325 km/h
加速 0-100 km/h (MPH 0-62) 3.1 s
気筒数 10

Movieムービー

コンフィグレーター(ランボルギーニオフィシャルサイト)

Accessアクセス

ランボルギーニ仙台

〒981-3131
宮城県仙台市泉区七北田新田36-1

TEL:022-776-1963

FAX:022-776-1971

営業時間:10:00~19:00

定休日:水曜日および第1、第3火曜日

  • シェアする
  • ツイッターでつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • LINEへ送る