Lamborghini unveils all-electric 4th Model Concept during The Quail, A Motorsports Gathering

アウトモビリ・ランボルギーニは、モータースポーツの集いであるザ・クエイルで、ランボルギーニ初の純電動第4モデルコンセプト、2+2シートの地上高の高いグランツーリスモ、ランザドールを発表した。このオール・エレクトリック・コンセプトカーは、フラッグシップモデルであるRevueltoの超高性能要素とUrusの多用途性を融合させるとともに、新しいインフォテインメント機能によって比類のないオンボード体験を特徴としている。

Lanzadorは、各アクスルに電気モーターを搭載した全輪駆動コンセプトで、あらゆるコンディション、路面、ドライビングスタイルで1メガワット以上のピークパワーを発揮し、恒久的なオール・エレクトリック・ドライブを実現します。エネルギーは新世代の高性能バッテリーから供給され、航続距離も長く確保されている。デザイナーは、持続可能な素材に関する企業哲学をインテリアにも反映させ、高級感や品質、耐久性を損なうことはない。パワー、ドライビングプレジャー、パフォーマンスにおいて妥協することなく、お客様が毎日楽しめるオール・エレクトリック・ランボルギーニです。

ランボルギーニ自動車会長兼最高経営責任者であるステファン・ヴィンケルマンは、「ランザドール・コンセプトは、ランボルギーニ初のフルエレクトリックを定義すべき各要素を実現しています。ランボルギーニの60年のDNAを象徴する現行モデルに囲まれながら、未来を垣間見るために、The Quailのイベントで第4のモデルの最初のビジョンを明らかにすることが重要でした。」と述べています。

ランサドールに加え、ランボルギーニはザ・クエイルで、真新しいV12ミッドエンジンを搭載した1,015 CVのプラグインハイブリッドRevuelto、冒険的でオールテレーンのHuracán Sterrato、2018年にBentley Bentaygaが樹立したこれまでのヒルクライム記録(10分49秒902)を破り、パイクスピーク山頂まで登った市販SUV最速記録(10分32秒064)を持つスーパーSUV、Urus Performanteなど、さまざまなモデルを展示した。

ランボルギーニ創立60周年の年に、同社は2023年上半期までの販売記録をまた更新し、全世界で5,341台が納車され、昨年の上半期の販売台数を251台上回った。ウルスは3,241台で引き続きベストセラーモデルとなっており、次いでウラカンが続いている。両モデルとも生産終了まで完売が続いている。この結果は、ランボルギーニが2028年まで19億ユーロを投資するという、ランボルギーニ史上最大の投資を行うDirezione Cor Tauriプログラムの第2段階に入るという重要な時期にもたらされた。

Accessアクセス

ランボルギーニ広島

〒733-0034
広島県広島市西区南観音町19-15

TEL:082-232-1963

FAX:082-232-0037

営業時間:10:00~19:00

定休日:毎週火・水曜日

  • シェアする
  • ツイッターでつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • LINEへ送る