MAXとは - 機能編 -

MAXとは? 他のメーカーと比較しよう

360度撮影が可能な GoPro MAX !! 全方位の撮影が可能なので、決定的な瞬間を逃しません。
では、実際どんなことができるのか、どんな場面で活躍するのか、を知りたい方のために詳しく解説します。
また他のメーカーから発売している「360度カメラ」と比較。 購入を迷ってる方もぜひ参考にしてください !

  1. MAXとは?
  2. MAXの機能
  3. MAXの撮影方法: 1. 360°モードとHEROモード 2. MAX はここが違う!!
  4. MAX と他のメーカーとの比較

(1)MAXとは?

MAXはVlogや旅行に向いているカメラです。
6つのマイクを搭載しているので、臨場感あふれるサウンドを実現。
360度映像は全てを記録することが出来るので、決定的な瞬間を逃しません。
迷ったら360°モードで撮影しておけば、後から自由に視点や画角を編集することもできるので「MAX があれば」という安心感があります。

 また、MAXには全方位撮影できる「360°モード」と従来のGoPro撮影ができる「HEROモード」があり、MAXならこの1台で360度カメラとアクションカメラの1台2役 !
MAXグリップなどのアクセサリーを合わせて使用すれば、ドローン撮影のような映像も撮ることが出来ます。

1台で様々な撮影が出来るので、GoProが初めての方におすすめです !

(2)MAXの機能

基本的な機能を押さえておきましょう。HERO8 Blackと比較した時のメリット、デメリットも参考までに。


メリット
  1. 360度撮影ができるから、画角を気にしなくてOK !
  2. HEROモードでモニターを確認しながら自撮りができる
    (HERO8 BLACKはモジュラーを買う必要がありますが、MAXなら買い足す必要なし !)
  3. MAX HyperSmooth(手ぶれ補正)で360度映像も驚きの滑らかさ !
  4. 水平維持機能がついててジンバルいらず !
  5. 6つのマイクによってリアルなサウンドを実現。撮影方法に関係なく優先するマイクを選べます。
  6. パノラマ撮影の際、スマートフォンならカメラを動かす必要がありますが、MAXなら動かさず簡単に270度の広い範囲が撮れる !
  7. 難しいキーフレーム編集もGoProアプリなら簡単に編集可能 !
デメリット
  1. HERO8CBLACKと比べると映像のクオリティーは少し劣るかも…。
    スローモーションはMAX:2倍、HERO8 Black:8倍
    360°全体で5.6Kなので、同じ画角で切り取ると少し映像が粗っぽい?
    細部のディテールが潰れがち(本当に些細なので、比較しない限り分からない程度です。)
    ナイトフォト、ナイトラプスフォト、ナイトラプスビデオ未対応
  2. HERO8 BLACKと比べるとアクティビティには強くないかも…。
    MAX:防水5m、HERO8 BLACK:防水10m
  3. 連写、LiveBurst未対応

(3-1) MAXの撮影方法 - 360°モードとHEROモード

通常のGoPro撮影をしたい時は「HEROモード」、撮影の範囲が広い時などは「360°モード」で撮影しましょう。

HEROモード

従来のGoProカメラのように撮影ができます。
撮影するレンズやマイクの向きは選べるので、シーンに合わせて設定しましょう。

360°モード

360°モードで撮影すれば、カメラの存在を気にせずにアクティビティを楽しめます。

(3-2) MAXの撮影方法 - MAX はここが違う!!

ズーム機能

MAX はGoPro カメラの中でもレンズのズーム機能が優れています。
「MAX SuperView」で撮影するとより広角で撮影できる上、歪みも少なくクオリティが上がります(他GoProカメラと比較)。

クロースアップや人物撮影に最適

狭角(27mm)

魚眼効果を取り除いた狭い視野角

魚眼効果を用いない風景撮影に最適

リニア(19mm)

魚眼効果を取り除いた広い視野角

マウントを使ったPOVショットの撮影に最適

広角(16mm)

象徴的なGoPro映像を撮影できる広い視野角

臨場感溢れるPOVショットの撮影に最適

MAX SuperView(13mm)

全てのGoProカメラの中で最も広い視野角
**MAXだけの画角**

パノラマ撮影

パンせずにパノラマ写真を撮影できる「PowerPano(パワーパノ)」。水平移動なしで270度歪みのないパノラマ写真が撮影できます。

MAX PowerPano(マックス パワーパノ)

スマートフォンで撮影したパノラマ写真

MAX TimeWarp(マックスタイムワープ) ビデオ

TimeWarp ビデオ は、タイムラプスビデオに HyperSmoothがかかり、より滑らかな早送りの映像を楽しめます。
MAXでは360°モード、HEROモードの両方でTimeWarpを楽しめます。HEROモードならスクリーン画面にタップ1つで通常速度に戻すことができます。

※TimeWarp ビデオ の時は水平維持機能が使えません。

(4)MAX と他のメーカーとの比較

MAX と他メーカーの360度カメラを比較してみました。何を購入するかで迷ってる方は是非ご参考にしてください。

モデル名 RICOH THETA SC2 Insta360 ONE X GoPro MAX
タイプ 全天球 全天球 全天球
防水性能 - - 5m
静止画解像度 5376×2688 6080 x 3040 (18MP) 360°モード:16.6MP
HEROモード:5.5MP
PowerPano:6.2 MP(270度パノラマ写真)
動画品質 4K 30fps 5.7K 30fps 360°モード:5.6K 30fps
HEROモード:1440p 60fps
メモリ 14GB内蔵
静止画:約3,000枚
動画(1回の記録時間):最大3分
動画(合計の記録時間):(4K)約32分、(2K)約115分
micro SD UHS-I、V30以上 micro SD (指定のSDカードをご使用ください)
質量 約104g 115g(バッテリー込み) 154g(バッテリー込み)
静止画モード 静オート、シャッター優先、ISO優先、マニュアル 360度撮影、インターバル撮影 RAW HDR 360度撮影、HEROモード、パノラマ撮影、タイムラプスフォト、写真タイマー
動画モード オート 60度撮影、タイムプラスモード、バレットタイム撮影、Log 360度動画 タイムワープビデオ(滑らかな早回し録画)、タイムラプスビデオ(早回し録画)、スローモーション(2倍)、ショートクリップ動画(15秒、30秒動画)
電源 リチウムイオンバッテリー(内蔵)
稼働時間(動画):約60分
脱着式 1050mAh
稼働時間(動画):60分
脱着式 1,600mAh リチウムイオン充電式
稼働時間(動画):360°モードで40分

以上で機能編は終了です。MAX の機能は分かりましたか?
機能がわかったところで、次は撮影をしてみましょう!

販売店

下記店舗よりご購入いただけます。(各店舗のボタンを押すと購入ページへリンクします。)

ヨドバシカメラ MAX
ビックカメラ MAX
エディオン MAX
ジョーシン MAX
mic21 MAX