Q&A

Q:LCDタッチバックパックのバックドアを使用するにあたって


A:

LCD タッチバックパックのバックドアはバックパックのタッチ機能をハウジング越しに使用するために薄いプラスチックフィルムからできています。バックドアの薄いプラスチックフィルムは60m防水ハウジングの内側と外側の空気の圧力に大きな差がある場合に破損する事があります。この事柄が起こる可能性があることに注意し、防ぐための必要な予防措置を行うことが重要になります。

プラスチックフィルムが破損する可能性のある例:

  • 高い高度へ行く前に高度の低いところでハウジングを閉じて持って行くと、膨張します。
    (ポテトチップスなどの菓子袋を持って登山したときに中の空気が膨張してしまうのと同じ原理)
  • 高い高度でハウジングを閉じ、低いところへ持って行くと内側に圧縮されます。(上と逆のパターン)
  • 寒い気温のところでハウジングを閉じ、カメラを起動すると膨張します。 (GoProカメラは寒冷地での使用のためにバッテリーウォーマーを内蔵しており、カメラ本体が発熱する仕様となっているため、タッパーを閉めた状態で、食べ物を電子レンジで暖めたときの様になります)

もし、上記のような状況で使う予定があるのなら、60m防水ハウジングで完全密閉するか、オープンタイプバックドアを使用してLCDタッチバックバックドアを使用しないことをおすすめします。

旅行中にプラスチックフィルムが壊れることをさけるために、バックドアをハウジングから外すか、ハウジングを開けておいてください。また、寒いところでの使用をする前に、暖かいところでハウジングをしめて電源をつけるようにしてください。

検索

カテゴリ別に見る