タジマグループ
>> EV(電気自動車)トップページ >> 2016 Tajima Rimac E-Runner Concept_One  

2016 Tajima Rimac E-Runner Concept_One


 

「2015 Tajima Rimac E-Runner Concept_One」は、タジマモーターコーポレーションのモンスタースポーツ部門が独自に開発したレース用電気自動車です。

本年のレース車両「2016 Tajima Rimac E-Runner Concept_One」は、電気自動車開発において優れた技術を持つ3社、タジマモーターコーポレーション、SIM-Drive、RIMAC AUTOMOBILI(クロアチア)のコラボレーションによって生まれたレース用電気自動車です。新しいシャシー、新しいパワートレーンを得た2015モデルをベースに、1.1MW(メガワット ※約1500ps相当)の高出力を有効に活かすためにより一層の改良を加えました。

(1)トルクベクタリング制御最適化:4輪のトルクベクタリング制御を一層洗練し、加速・減速・コーナリングのあらゆる場面で制御の最適化を進め、様々な路面状況が現れるコースにおいて安全かつ速く走れるよう改良。 

(2)タイヤ性能向上:Giti Tire(シンガポール)によって供給される専用設計のタイヤは、構造の見直しを行いサイドウォールの剛性を最適化。温度変化が大きい路面に対して安定して性能を発揮するタイヤを開発。 

(3)エアロダイナミクス性能向上:空力バランスを見直し、前後ウイングのサイズや装着位置、車高を変更。ダウンフォース総量をさらに高め、コーナリング速度を向上させるよう改良。これらの改良の相乗効果により、大幅なタイム向上を実現します。

 

 

 

2016 Tajima Rimac E-Runner Concept_One

メーカー タジマモーターコーポレーション
フレーム アルミニウム スペースフレーム
ボディパネル カーボンファイバーコンポジット
モーター Rimac 4モーター
バッテリー Rimac オートモビルバッテリーパック 57kWh
最大出力/最大トルク 1100 kW / 1500Nm
駆動方式 4WD / Rimac チェーンドライブ シングルリダクション トランスミッション
駆動制御 Rimac トルクベクトル制御
ドライブシャフト NTN 等速ジョイント
サスペンション フロント/リヤ: ダブルウイッシュボーン
ブレーキディスク フロント/リヤ:φ370mm ベンチレーテッド + Rimac 回生ブレーキシステム
ブレーキキャリパー/パッド フロント/リヤ:8 pot キャリパー / winmax ブレーキパッド
タイヤ&ホイール フロント/リヤ: 340/710-18 Giti Tire、18x13Jマグホイール
全長x全幅x全高 L5500 x W1950 x H1300 mm *前後ウイング含む
ホイールベース 2700mm
車両重量 1500kg *ドライバー除く
性能 0-100km/h:2.2秒 / 最高速 270km/h

ビデオ:TEAM APEV with MONSTER SPORT
PIKES PEAK 2016 Race Week Highlight
[2016パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム
ハイライト]


TEAM APEV with モンスタースポーツ
パイクスピークEVチャレンジ
webサイト

関連ニュース
リンク